Versailles gardens

Group exhibition, 12.2019

Shell art award 2019 (Residency Support Program 2018)

Group exhibition, Shell art award 2019

Decor and structure, garden, Versailles

Decor and structure, garden, Versailles

Decor and structure, garden, Versailles

The wavy Versailles

The wavy Versailles

Group exhibition, Shell art award 2019

The wavy Versailles 

The wavy Versailles 

Group exhibition, Shell art award 2019

About the fabric pattern

The big group show, "Shell art award 2019" in December 2019, in which I participated as the resident of the Shell Art Award Residency Support Program 2018 by Idemitsu Showa Shell, for which I was able to stay at Cité internationale des arts for 2 months.
I exhibited the works of the garden of Versailles series, which using the printed cotton.
I stayed at Cité internationale des arts and researched about the French garden made by André Le Nôtre. I started the printed cotton series because of this stay, in winter 2018.

In Versailles series, I regard the printed cotton as the symbol of garden’s decorativeness.
The printed patterns consist of the three elements;
The part of patterns that appear in the portraits of Louis XIII and XVI, the patterns of “broderie” made by Le Notre, and “Deer” reminding of past hunting forest.

ヴェルサイユ庭園のシリーズは、2018年冬のパリ滞在(出光昭和シェル・シェル美術賞レジデンス支援プログラム)をきっかけに始まっています。私の作品は、モチーフを言葉に置き換えることや、異素材で見立てることを通し、その在り方を少しずつずらしていくことで成立していきますが、「ずらすこと」で、モチーフの一側面を翻訳していくような作業でもあります。

今展示での柄布は、3つの要素で構成されています。
まずはヴェルサイユを作った庭師ル・ノートルによる植栽のパターン。
そして、ヴェルサイユの重要人物と言えるであろう、ルイ13世・ルイ16世の肖像画の中の布地の模様。
3つ目は、かつては王の狩猟の地であったヴェルサイユにいたと思われる、鹿のモチーフです。

平面から立体へ、自然から装飾へ。ヴェルサイユの庭園を歩くと、装飾的な美しい大きな構成を感じるとともに、背高い樹木に囲まれながら感じる自然の広大さにも圧倒されます。場所の重層性が立体的に見えてくるような柄を、装飾性の象徴として扱っています。

Natsuki Oshiro, 30th Dec 2019

photo: koichi nishiyama

Garden series