≫ English
news
works
≫w - Gardens
≫w - others
CV
statement
contact
news letter

 

大城夏紀 natsuki oshiro

 

 

statement

 

I am always inspired from the structure of something.
Making works is making an instruction manual of the world for me.
And also, by tracing the structure, I would like to focus on the existence of assumptions, systems, and rules that were being made unconsciously.

 


As a child, I felt with a sense of discomfort in a school where there were many rules in Japan.
In the beginning, we need a rule for a certain purpose, but even after fulfilling the purpose, only the rule may remain. It is common not only in schools, but also in organizations and society, in Japan. When inside the structure, you cannot notice the existence of the outside.

We live on many rules and assumptions which could be change outside of the structure. Something I believe “absolutely yes”, could change to be “no” in the next moment.
When we are indoors, the outline of the building is hard to see. Like this, the outline of the structure is difficult to see from inside. Also, outer world may only look like a superficial picture cut by a window frame.


I would like to explore this theme on the situation without difference in value or right or wrong. Therefore, I focus on this by the semiotics aspect. I gradually shift the linguistic assumptions of the subject and redefine it by using colors and changing shapes on my own rules.


In my work, I make the assumptions (or rules) only in my art.

(For example: I dismantle the subject in words, or go back and forth between 2D and 3D, or extracting the essential structure of the subject by abstraction and so on.)

My assumptions are the process to understand the structure of the subject and also suggest the existence of rules or linguistic assumptions.

The work is like a instruction manual for me to understand the structure of the subject. And I think that it can be a manual or a dictionary that can be shared with others. This is like the process of understanding other languages and cultures. I would like to do tracing the outline of the structures (or rules) like tracing the outline of the building. And this leads to the recognition of the existence of rules, and to the awareness of the existence of "outside values".

 


[Garden series]

Recently I inspired from traditional gardens such as Japanese gardens and French gardens. I think that the style of the traditional garden shows one aspect of the viewpoint in its culture.

On the making process, at first, I make drawings for the structure of the garden. These drawings include the process of going back and forth between 2D and 3D, by drawing and other materials, or the process of dismantling the subject in words.
Through the process, the form of the garden is changing little by little. This extracts the essence of the structure of the garden.

My rope work series, which depict “a pond in Japanese garden” is showing that it is not only a pond but also a rope at the same time. we can read that there is another possibility. I am interested in like this experience or the situation. 

 

Natsuki Oshiro, May 2019

 

 

私はいつも、ものの「構造」に制作の起点を見出します。
私にとって作品を作ることは、世界を認識するための取扱説明書を用意することであり、構造を確認することで、知らず知らずのうちにできていた前提や制度、ルールの存在に目を向けたいと思っています。

 

子どものころ、たくさんのルールが存在する学校に、ある種の居心地の悪さ、を感じていました。 当初は明確な目的があって決められたルールが、年月が経ったり、伝言ゲームのように複数の人物が介在したりすることで、ルールだけが一人歩きしてしまう、という事態は、誰しも一度は経験したことがあるはずです。
これは学校に限らず、会社や組織、イエ、個人対個人まで、日本における大小様々なコミュニティで共通している現象です。ある集団内=構造の中にいる時、どういうわけか、私たちはその外側がとても見えづらくなるようです。昨日まで「絶対に正しい」とされていたことが、その社会の外側に出た瞬間に嘘のようにひっくり返り、「間違っていた」となる可能性は、いかなる状況でも、常に存在します。
室内にいる時に建物全体が見えないように、内側にいる時に構造の輪郭線は見えづらく、立体的で広大な外側の世界も、切り取られた窓枠のようにしか見えていないのかもしれません。

 

善悪や価値観の違いに左右されない状況でこのルールや前提の問題を扱うために、私は色彩と形態を使って言語的な前提をずらし、構造を再定義します。
作品において、私は、独自の「前提」を作ってモチーフを再構成するような作業を行います。(言語的に解体してみたり、二次元と三次元を往還してみたり、あるいは構造の本質を抽出するという意味で抽象化を行ったり、作品によってその方法は様々です。) 私の「前提」は、モチーフの構造を理解するためのプロセスであるとともに、表面的な姿をずらしていくことで、言語的前提がそこに存在することを示唆するものでもあります。


作品は私にとって、モチーフの構造を理解するための取扱い説明書(=辞書)です。
まるで他の言語を理解するようなプロセスによって、モチーフのひとつの見方を第三者と共有し、建物の輪郭線を辿るように、構造やルールの輪郭線を辿ること。これが今の制作の軸足となっています。

 

 

 

○庭園のシリーズについて

庭園のシリーズでは、日本庭園やフランス庭園といった伝統的形式的庭園をテーマにしています。日本庭園の「見立て」による記号論的要素が本シリーズのきっかけではありますが、伝統的形式的庭園に、その社会における時間の流れ方や視点、自然との関係を見出すことができるのではと考えています。

制作において、私はまず、庭園の構造をモチーフにドローイングを行います。これは、構造を言葉に置き換えたり、厚紙や、異素材で見立てたりする作業を含みます。(例えば、ドローイングの線を、ロープを使って3次元にし、またそれを描くことで2次元にする、など。)この「ドローイング」を通して、モチーフの構造の本質を抽出しつつも、形態を変化させていきます。


ロープを池に見立てた作品があります。 ロープという全く別の異素材を介することで、それは池でもあるけれども、同時にロープでもあり、私たちは、池を見ると同時に、ロープも見ることになるわけです。「もう一つの可能性」を目撃しながらもそこに池という意味を見出すこと。そんなシチュエーションや体験に興味があります。

 

大城夏紀 2019/5

 

 


 

In daily life, there are a lot of rules and symbolic assumptions.

When calling home as "home"or ”my home”, the building itself becomes invisible.
Conversely, in the Japanese garden, we arrange stones and call them "waterfall".
we will regard the stones as a waterfall.

In garden series and station series, I make models of gardens or station, with familiar tools such as paper or paper tape. And I paint a picture of this model.
So, my work is painting of “Paper model”. But, when I call it “Japanese garden” or "XX station", it will become the picture of them.

 

Natsuki Oshiro, 2017.5

名前をつけることで見えなくなるもの/名前をつけることで見えてくるもの、
あるいはそこにある記号的な前提やルールについて制作をしています。

家は、「家」と呼ぶことで建物であるそれ自体が見えなくなります。
逆に、日本庭園の枯山水は石を並べて「滝」と呼ぶことで、
石を滝に見立ててしまいます。

庭園や駅のシリーズでは、文化的な構築物を、厚紙など身近な道具を使って見立てたものをモチーフにしています。
ものに備わるイメージに対して、ものそれ自体との距離感や、構造、関係性を可視化するような作業を行っています。

 

大城夏紀 2017.5

Other Text

▼(English and Japanese) Text for French gardens / フランス庭園のための作品によせて / 18 May 2019

▼(Japanese only) Article of the Journal published by Waseda University / 早稲田大学「早稲田学報」掲載記事 / March 2018